ヨキのゆったりゲーム日記

遊戯王を中心としたゲームブログ

今だファンが多い戦闘最強の龍、『クリアー・バイス・ドラゴン』について【カード紹介】

f:id:nonbiri-asahisan:20240511142234j:image

クリアー・バイス・ドラゴン
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻 ?/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーに「クリアー・ワールド」の効果は適用されない。
このカードが相手モンスターに攻撃する場合、ダメージ計算時のみ
このカードの攻撃力は攻撃対象モンスターの攻撃力の倍になる。
このカードが相手のカードの効果によって破壊される場合、
代わりに自分の手札を1枚捨てる事ができる。

今回はカード紹介回という事で戦闘において『邪神アバター』と並び最強レベルのドラゴン族モンスターである 『クリアー・バイス・ドラゴン』の紹介になります。2009年の 【LIMITED EDITION 15】、所謂応募者全員サービスパックに収録されたカードで 『ガーディアン・エアトス』あたりと同期のカードですね。15年たった今でも好きな人は滅茶苦茶好きなレベルで人気があるモンスターの1体ですね。こちらの戦闘では無敵になる分相手に攻撃された時には攻撃力が0になるバカらしさも相まって人気。

 

クリアー・バイス・ドラゴンの裁定

f:id:nonbiri-asahisan:20240511145319j:image

このクリアーバイスドラゴンは3つ全ての効果が発動を伴わない効果、つまり永続効果になっている非常に珍しいモンスターの1体です。特に攻撃力の変更効果は【あらゆる処理の最後に入る】という特性を持っていて、これは戦闘で最強と言われる『邪神アバター』、『邪神ドレッドルート』と同質の物になります。発動を伴わない効果のため効果を発動させない効果を持つ『 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング』や 『古代の機械混沌巨人』、発動してから攻撃力を上昇する効果を持つ 『眠れる巨人ズシン』、『合神竜ティマイオス』、『 双穹の騎士アストラム』を問答無用で戦闘破壊する事が出来ます。

効果破壊を肩代わりする効果もちゃんとダメステに適用出来る事から昔のカードにしては破格の攻め性能をしていますね。この肩代わり効果はコストではなく【効果で捨てた】扱いになるのも地味にありがたい。

 

 

強み①:こちら側の戦闘では大体のモンスターを戦闘破壊出来る

f:id:nonbiri-asahisan:20240513000856j:image

クリアー・バイス・ドラゴンはその戦闘性能の高さから完全耐性モンスターに対する突破口として使われたり、ワンターンキルのパーツとして使われてきた歴史があります。有名なのは 『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』とのコンボですね。クリスタルウィングの攻撃力のアップ効果が強制のためクリアバイスを展開した後にクリスタルウィングを送りつけて殴ることで3000の倍の6000、クリスタルウィングが自身の強制効果で9000になることで 【あらゆる処理の最後に入る】クリアバイスの特性が適応されて攻撃力が変動し更に倍の18000に上昇する事でワンターンキルが狙えるという奴ですね。18000-9000=9000ダメージでワンキル。

シンプルに壊獣を送りつけてこのカードで戦闘破壊するというのも昔から強いですね。

 

強み②:☆8闇属性ドラゴン族という恵まれたステータス


f:id:nonbiri-asahisan:20240513000854j:image

f:id:nonbiri-asahisan:20240513004226j:image

☆8のため『トレード・イン』等のコストやランク8エクシーズとしてのパーツとして使ってもよし、闇属性のためサポートが豊富で、ドラゴン族なのも相まって墓地肥やし手段や蘇生手段も多いとステータスが恵まれているのも特徴ですね。コンセプトデッキを作っている人なら出しやすいだけでもありがたい。各種ドラゴンサポートや守備力が0のため『悪夢再び』でも回収が可能。最近公開された 『無限竜シュヴァルツシルト』あたりでも墓地に供給出来ます。一応『クリアー・ファントム』から『クリアー・ウォール』を経由する事で擬似的なサーチも可能になりましたね

 

 

弱み:効果無効と攻撃力0のモンスターに弱い


f:id:nonbiri-asahisan:20240513005911j:image

f:id:nonbiri-asahisan:20240513005909j:image

モンスター効果の発動無効や戦闘耐性に関しては連続攻撃やランク8でなんとかなったりするんですけどシンプルにバトル中に効果を無効にしてくるモンスターには返り討ちにあってしまう点や攻撃力0のモンスターは倍にしても0のため戦闘破壊が出来ないという弱点があります。攻撃力のみを参照して倍にするためズシンが倒せて『灰流うらら』が倒せないとかいうギャグみたいな事も起こります。後はシンプルに特殊な裁定同士の戦い、『邪神アバター』や『邪神ドレッドルート』には最後に効果を適用されてしまうため負けてしまいますね。まあその分こちらはフィールドに出しやすいというメリットがあるので多少のはね。

 

今現在だと・・・


f:id:nonbiri-asahisan:20240513011336j:image

f:id:nonbiri-asahisan:20240513011338j:image

2024年現在だとそもそも汎用ランク8ギミックが強いという事もあって戦闘の後のリカバリーが効きやすいといった感じですね。ぶっちゃけ戦闘破壊が出来なくてもダメージさえ与えてくれれば仕事は出来る。その後バーンする手段も増えたというのもデカい。ランク8じゃなくても無理矢理持ってくる手段はありますし、今だと『原始生命態ニビル』から出てくるトークンを殴るだけでもゲームセットに持っていけたりもする。【聖刻】の他にもラディアンを送りつけて『No.29マネキンキャット』で引っ張ってくる事も出来ますね。やりようはいくらでもある。

 

 

理論上無限の攻撃力を持つドラゴン族モンスター

こちらから戦闘をした場合には限るものの発動する効果では無いゆえに突破出来るモンスターが増えているというのも面白い点ですね。実は15年振りの再録だったりする。自分のターンの攻め要員としては破格の性能をしているモンスターの1体ではあるのでドラゴン族デッキを作っている人は選択肢に入れてみてもいいかも。